白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>学ぶ>白石町ゆかりの人>吉村新兵衛(よしむらしんべえ)

住民の皆さまへ

吉村新兵衛(よしむらしんべえ)

慶長8年(1603)~明暦3年(1657)

江戸時代初期の白石南郷(有明地域西部)の大庄屋。佐賀初代藩主鍋島勝茂(なべしまかつしげ)に仕え、彼杵(そのぎ)・松浦他西口通路の警備の任を命ぜられ、嬉野へ移住した。落度(おちど)があって慶安3年(1650)に切腹と決まったが、父の戦功・親子三人の恭順・神文などによって一命を助けられた。以後、志を茶業にたて、茶樹の栽培・製法を研究し、今日の全国有数の嬉野茶の基礎を築いた。

明暦3年(1657)3月24日に勝茂が逝去(せいきょ)した後、その重恩を感じ、4月11日に追腹(おいばら)を切った。稲佐神社境内南の駐車場脇に、新兵衛夫妻の供養碑がある。

新兵衛の父大串太郎右衛門(おおぐしたろうえもん)は旧小城郡大串村の郷士(ごうし)で、天正2年(1574)の龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)の須古(すこ)城攻めに加わるも負け戦となり、吉村の天満宮に逃げ込み助かった。太郎右衛門は神明に感謝して姓を「吉村」に、家紋を「梅鉢」に改め、天満宮を再建した。辺田(へた)村(稲佐神社東麓)に居住し、天満宮を祀った。寛永16年(1639)10月に再建された深浦西分(ふかうらにしぶん)の観音堂棟札(むなふだ)に、「當大庄屋吉村太郎右衛門尉藤原種冨」とその名が記されている。

太郎右衛門が命を救われた吉村天満宮には、「嬉野茶祖吉村新兵衛ゆかりの地」碑が建てられている。

 

吉村新兵衛ゆかりの地碑

白石町吉村天満宮の「嬉野茶祖吉村新兵衛ゆかりの地」の碑

 

吉村墓

辺田・稲佐神社付近にある吉村新兵衛夫婦の供養碑

 ※ 写真画像について、無断転載を固く禁じます。

このページに関するお問い合わせ先 生涯学習課 生涯学習係 電話(直通):0952-84-7129

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.