白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>学ぶ>白石町ゆかりの人>白石六郎通泰(しろいしろくろうみちやす)

住民の皆さまへ

白石六郎通泰(しろいしろくろうみちやす)

(生没年不明) 白石氏の6代目、鎌倉幕府の御家人(ごけにん)。元軍が襲来した文永の役(文永11年10月-1274年)の際、博多方面の戦闘で窮地に陥った肥後国(ひごのくに=熊本県)の御家人竹崎季長(たけざきすえなが)を救援する。先頭の旗差(はたさし)に続き、弓を構えた通泰他8騎が『蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)』(宮内庁三の丸尚蔵館保管)に描かれ、その詞書(ことばがき)には「季長以下三騎痛手負ひ、馬射られて跳ねしところに、肥前国の御家人白石六郎通泰後陣より大勢にて駈けしに、蒙古の軍引き退きて麁原(すそはら)に上がる。馬も射られずして、夷狄(いてき)の中に駈け入り、通泰続かざりせば、死ぬべかりし身なり。思いの外に存命して、互ひに証人に立つ。(漢字・句読点を付す)」と記されている。旗差の持つ白旗には、白石氏の家紋である鶴亀松竹等の描かれた丸団扇(まるうちわ)が見える、

白石氏の初代、五郎通益(ごろうみちます)は、平治元年(1159)頃に肥前で兵を起し、翌永暦元年(1160)4月に平清盛の家臣筑後守平家貞(ちくごのかみたいらのいえさだ)に討ち取られた日向太郎通良(ひゅうがたろうみちよし)の子(通良の弟幸通の孫ともされる)で、文治3年(1187)11月(仁治元年-1240年ともされる)に白石郷を与えられて御家人となり白石と改姓。須古城を築城し、妻山・稲佐・室島の各支城を築いたとされる。

このページに関するお問い合わせ先 生涯学習課 生涯学習係 電話(直通):0952-84-7129

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.