白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!

住民の皆さまへ

緊急・防災情報

休日当番医避難所一覧ハザードマップ気象台情報

防災ネットあんあん

町長の部屋バナー

白石町Facebook

白石町で暮らそう

数字で見るシロイシ

白石町プロモーション映像

saga e-bookサイトバナー

空き家バンクロゴ

特産品一覧

いちご(さがほのか)

いちご(さがほのか)

果皮と果肉の硬度が高く、日持ちもよいと評判の「さがほのか」は、全国の市場でも評価が高く、まさに白石を代表する農産物のブランド。環境にやさしいエコ農法で生産されています。

れんこん

れんこん

 

白石平野の粘土質の土壌で育つ、もっちりとした食感が自慢のれんこんは、その品質では全国一との折り紙つき。80年前、水はけの悪かった土地に一人の農夫が植えたことがきっかけで栽培が始まりました。お盆や正月用として全国に出荷されます。

 
詳しい情報やメニューを見る

たまねぎ

たまねぎ

 

玉ねぎは、四十数年前から栽培が始まり、北海道に次いで全国2位を誇る佐賀県の生産量の7割近くが白石町で作られています。
品種に応じて、2月から6月まで収穫し、それを小屋などに貯蔵・乾燥させて、10月まで必要な時に全国へ出荷されます。
なまで食べておいしいのは、「スィートハートオニオン」や「春一番」という極早生の品種です。やわらかくて甘味があり、サラダなどでそのまま食べられるので、栄養価の損失もありません。
もちろん、炒めたり、揚げ物にしたり、白石玉ねぎの用途は多彩で、和・洋・中のどの料理にも幅広く使用されています。

 
詳しい情報やメニューを見る

しろいしてんぺ

しろいしてんぺ

 

大豆は転作で生まれた白石の特産物。その大豆を使って開発されたのがしろいしてんぺ。健康食として人気上昇中。(白石特産物直売所) 
てんぺは煮大豆をテンペ菌(リゾーブス菌)で発酵させたもの。菌によって白く固まり「納豆」のような粘りも匂いもありません。また、発酵することでビタミン類やアミノ酸類が増加し、煮大豆と比較して鉄分やカルシウム・ビタミンB1が2倍以上含まれるなど、栄養価も飛躍的に向上しています。また美容と健康によいとされている大豆イソフラボンも豊富に含まれています。

 
詳しい情報やメニューを見る

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.