白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>生活>上下水道>水道課>水道についてのお知らせ

住民の皆さまへ

緊急・防災情報

休日当番医避難所一覧ハザードマップ気象台情報

防災ネットあんあん

町長の部屋バナー

白石町Facebook

白石町で暮らそう

数字で見るシロイシ

白石町プロモーション映像

saga e-bookサイトバナー

空き家バンクロゴ

水道についてのお知らせ


飲用井戸等の衛生管理をお願いします

井戸や湧水、沢水など(以下「飲用井戸等」と呼びます。)の水質は永久に変わらないものではありません。

周囲の影響により悪化する場合があります。

飲み水に利用されている場合は、次の点に特に気をつけて適切な衛生管理をお願いします。

管理について

  • 井戸等のフタには施錠をしたり、柵を設けたりして、飲用井戸等の周辺に人や動物がみだりに入らないようにしましょう。
  • 飲用井戸等やその周辺は定期的に点検し、清潔にしておきましょう。

水質検査について

  • 毎日、色、濁り、臭い、味に異常がないか確認しましょう。
  • 年に1回、定期的に検査機関による水質検査を行いましょう。

汚染がわかったとき

飲用井戸等の近くで、薬品や油類の漏えいなどがあり、飲用井戸等の水が人の健康に害を及ぼす恐れがあることを

知った時は、すぐに使用をやめ役場水道課(0952-84-7119)か、杵藤保健福祉事務所(0954-22-2103)にご相談ください。




  クロスコネクションの禁止について


水道の給水管と水道以外(井戸水・山水・薬品等)の配管が接続されている場合、井戸水等の配管から水道配管内に井戸水等が逆流し水道本管及び給水管内の水道水が汚染されてしまいます。そのため、水道法で水道水の安全性を確保するため、クロスコネクションは固く禁止されています。また、水道水と井戸水をバルブで切替えて使用することもクロスコネクションに該当します。

クロスコネクションに該当する給水装置は速やかに指定工事業者に依頼してもらい給水管と水道以外の配管とを切り離して下さい。その際の工事費用は個人負担となります。

クロスコネクションを放置した場合、井戸水等が水道本管に逆流するばかりでなく、井戸ポンプ又は井戸配管等を不具合により大量の水道水が井戸配管に流れ込んだ場合、高額な水道料金を請求することになります。その場合、請求金額の全額をお支払いいただくことになります。

また、クロスコネクションが確認された給水装置については水道課から改善指示を行いますが、改善指示に従わない又は期間内に水道管と井戸配管等の切り離しが確認できない場合は白石町水道事業給水条例に基づき給水を停止します。

 

白石町水道事業について

水道は、現在町内のほぼ全域に整備され、町民の皆さんが安全で安心して使用できるよう業務を行っています。

(福富地域については、北区の一部・上区の一部・中区の一部以外は西佐賀水道企業団の給水区域となっています。)

 

西佐賀水道企業団へはこちらから(外部リンク)

 

水道に関する手続き

引越し(転入・転出・転居)のときは届出を

新しく入居されるときには

開栓の手続きが必要となります。手続きには印鑑と開栓の手数料(600円)が必要です。使用開始予定の2~3日前までに手続きをお願いします。

転居して使用しなくなるときや、長期間水道を使用しないときは

閉栓の手続きが必要となります。手続きには印鑑と閉栓の手数料(600円)が必要です。転居や使用中止予定の2~3日前までに手続きをお願いします。

手続きがないままですと、使用されていなくても料金がかかります。

使用名義人を変更したいときには

使用者の名義を変更したいときには役場水道課へ届出をお願いします。

手続きには印鑑が必要です。

水道の使用料金

水道の使用料金について

水道に関する料金等は次のとおりとなっています。

(西佐賀水道企業団の料金等の詳しい内容については、西佐賀水道企業団へお問い合わせをお願いします。)

使用料金表(別途、消費税がかかります。)

使用水量

基本料金

超過料金

(1立方メートルにつき)

0~5立方メートル 1,410円 なし
6~10立方メートル 1,905円 なし
11~30立方メートル 1,905円 305円
31~3,000立方メートル 324円
3,001立方メートル以上 239円
1か月当りの使用料金の目安 (消費税を含む)
使用水量 料金

5立方メートルまで

1,522円

10立方メートルまで

2,057円

15立方メートルのとき

3,704円

20立方メートルのとき

5,351円

25立方メートルのとき

6,998円

30立方メートルのとき

8,645円

35立方メートルのとき

10,395円

40立方メートルのとき

12,144円

45立方メートルのとき

13,894円

50立方メートルのとき

15,643円

使用水量が10立方メートルを越えたときは、

1立方メートルごとに超過料金が加算されます。

 

【例】 使用水量が35立方メートルのときの計算のしかた

(基本料金(10立方メートルまで) + 11~30立方メートルの単価分 + 31~3,000立方メートルの単価分)×消費税 = 水道使用料金

(1,905円 + 20立方メートル × 305円 + 5立方メートル × 324円)×8% = 10,395円

水道新規加入分担金(1件につき)
量水器口径 加入分担金 消費税 合計
13mm 63,000円 5,040円 68,040円
20mm 149,000円 11,920円 160,920円
25mm 233,000円 18,640円 251,640円
30mm 336,000円 26,880円 362,880円
40mm 598,000円 47,840円 645,840円
50mm 931,000円 74,480円 1,005,480円
75mm 2,098,000円 167,840円 2,265,840円
100mm 3,727,000円 298,160円 4,025,160円

新しく水道に加入したり、メーター器の口径を大きくするときに必要となります。

(ただしメーター器の口径を大きくするときは、新口径と旧口径の差額となります。)

使用料金の納付について

使用料金は毎月検針毎月請求です。

毎月月初めに検針を行い前月使用分の料金計算をします。料金については毎月中旬ごろ納付書をお送りしますので、

月末までに役場会計課窓口、金融機関、コンビニエンスストアで納めてください。

水道料金の納付は便利な口座振替で。

口座振替の手続きは通帳と届出印を持参のうえ町内の金融機関へ直接申し込んでください。

なお、申込用紙は町内金融機関・白石町役場会計課窓口にあります。

水道の使用料金がいつもより高いと思ったら

漏水ではありませんか?

まずは水道の蛇口をすべて閉めて、蛇口から水が出ていないことを確認してください。

次に水道のメーター器を見て、パイロット(銀色のコマのようなもの)が少しでも回っていたら、どこか漏水しています。

このときは『白石町指定給水工事事業者』に修理を依頼してください。

 

 水道料金の軽減について



つぎのいずれかに該当するときは、水道料金の軽減対象外とします。

1.蛇口からの漏水

2.水洗便所の洗浄装置の故障による漏水

3.受水槽以下の漏水

4.温水器、瞬間湯沸器等、給水装置以外の故障による漏水

5.不正な給水装置工事による漏水

6.漏水箇所等の修理を故意に拒んだ場合の漏水

7.地表に露出している管の漏水

8.工事施工後6ヶ月以内の給水装置の故障による漏水

 

水道料金軽減の申請は漏水修理工事後3ヶ月以内に行って下さい。申請期限を過ぎた場合は軽減の対象外となります。

また、漏水した水量の全てを軽減できるわけではありません。

水道の工事をするときは?

水道工事について

新規加入のとき

新たに水道の引き込み工事を行う場合には、まず役場水道課にご相談ください。

また新たに水道を引き込む場合には加入する口径に応じた「加入分担金」が必要です。

工事については『白石町指定給水装置工事事業者』へ依頼してください。

増改築などのとき

家の増改築などで給水管の工事を行う場合は、『白石町指定給水装置工事事業者』へ依頼してください

漏水修繕などのとき

ボイラー給湯器や器具の異常は、購入や設置を依頼した業者に連絡してください。

また、漏水などでの水道配管の修理や工事については『白石町指定給水装置工事事業者』へ依頼してください。

 

白石町指定給水装置工事事業者一覧 (PDFファイル; 168KB)  


 工事を行うとき



水道を新設・増設・改造・撤去等の工事を行う際は事前に役場水道課へ「給水装置工事申込書」を提出する必要があります。また、これらの工事を行う場合は白石町の指定を受けた白石町指定給水装置工事事業者(指定工事業者)でなければなりません。

水道メーター以降の宅内漏水についても指定工事業者でなければ修理できません。また、指定工事業者以外の者が修理を行った場合については、漏水に対する水道料金軽減の対象になりませんのでご注意下さい。

漏水かな?と思ったら

道路上などで漏水を見つけたときは

すぐに役場水道課にお知らせください。

水道課で調査を行い補修工事をします。

メーター器の周りや宅地内で漏水を見つけたときは

すぐに水道課にお知らせください。

役場水道課で調査にうかがいます。水道メーター器を通った後の配管で漏水している場合の修理の工事費はお客様の負担となります。

 


水道管の凍結防止について

冬季は外気温の低下により水道管の凍結や破損が多くなります。

 

そこで水道管の凍結を防ぐためには?

・地面や建物の外にむき出しになっている水道管は厚い布などを巻いて、その上からビニールなどで濡れないように保護をする。

(冷たい空気に水道管が直接触れないようにして、凍結するのを防ぎます。)

・気温の低下が予想される夜は少量の水を流したままにする。

(水の流れをつくり凍結するのを防ぎます。)

 

もし水道管が凍結してしまったら?

・水道管や蛇口にタオルや布をかぶせてその上からぬるま湯をゆっくりかけてください。

注意:水道管や蛇口に熱湯を直接かけると水道管や蛇口がひび割れたり破損することがありますのでご注意下さい。

すぐに水が出ないこともありますが、蛇口をあけたままにせず、とけるのを待って下さい。また、凍っている蛇口を無理に開けたり閉めたりすると蛇口のパッキンや蛇口を破損することがありますのでご注意下さい。


割れた水道管から水が噴き出していたら?

・破裂した水道管や蛇口から水が噴き出していたら、水道メーターの横にある元栓で水を止めて、『白石町指定給水装置工事事業者』へ修理を依頼して下さい。もし元栓がどこにあるかわからないときは噴き出しているところに布などをかぶせて水が飛び散るのを防いで修理の依頼をして下さい。

 

 白石町指定給水装置工事事業者一覧 (PDFファイル; 168KB)

 

上水道の耐震化状況について

 

 水道施設は町民の皆さんの日常生活に欠くことの出来ないものであり、大地震などの災害時においてもできる限りの給水機能を保持できるようにし、生活への影響を最小限にとどめることがが重要です。そのため、白石町水道事業では、災害に強い水道管整備を目標に施設の耐震化に取り組んでおります。

 

 管路の耐震化状況について (PDFファイル; 56KB)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページに関するお問い合わせ先 水道課 電話(直通):0952-84-7119

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.