白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>学ぶ>生涯学習・スポーツ>弥福寺所蔵の木造阿弥陀如来立像が佐賀県重要文化財(彫刻)に指定されました

住民の皆さまへ

弥福寺所蔵の木造阿弥陀如来立像が佐賀県重要文化財(彫刻)に指定されました

 弥福寺(みふくじ)所蔵の木造阿弥陀如来立像(もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)1躯(く)と像内納入品1包が、令和2430日付けで佐賀県重要文化財(彫刻)に指定されました。

 

どんな仏像?

弥福寺所蔵の木造阿弥陀如来立像は、来迎印(らいごういん)を結ぶ像高77.7cmの如来像です。構造は、ヒノキ材の一木造りで、頭部・体幹を一材から彫出して体部を(うち)(ぐ)りし、体部側面と両肩は別の材でできています。また、頭部は後頭部を割り放して内刳りのうえ(ぎょくがん)がはめこまれています。保存状態は良好で、長年にわたる焼香等で黒ずんでいますが、肉身部には金粉を(にかわ)で溶いた金泥(きんでい)が塗られ、着衣部には金箔などを三角や四角などの細片に切り、これらを貼って文様を表す技法である(きりかね)が見られ、当初は金色(かいこんじき)であったことがうかがえます。

本像にみられる理知的な顔立ちや精緻な截金技法などは、鎌倉時代前半の傾向を示すもので、やや小型ながら鎌倉時代に流行した来迎形の(さんじゃくあみだぞう)の一例に属していると言えます。しかし、鎌倉時代を代表する仏師である快慶(かいけい)(?~1227年以前)の晩年の作例と共通している点はあるものの、大腿部(だいたいぶ)のふくらみを表さず正面の(のうえ)U字型の衣文(えもん)を刻むなど着衣表現に違う点も見られ、快慶の様式とは一線を画しています。

木造阿弥陀如来立像

木造阿弥陀如来立像(撮影:福岡市博物館)

納入品はどんなもの?

平成309月に福岡市博物館で開催された企画展「浄土九州」展に出品される際に調査が行われ、像内に打ち付けられた紙製筒状の納入品が確認されました。この包紙には「浄土三部(じょうどさんぶきょう)」の題記とともに「承久(じょうきゅう)二二年壬午(みずのえうま)正月九日/大檀那(おおだんな)金剛念盛(こんごうねんじょう)/佛師(ぶっし)(りんけん)」の墨書が認められ、さらにXCTスキャンによる分析では、内部に複数の経典(きょうてん)とともに、仏舎利(ぶっしゃり)らしき粒状のものが確認されました。この納入品は、過去に取り出された形跡がないことから、制作時に納入されたとみられ、その年紀から、本像は承久4年(1222)に琳賢によって制作されたものと考えられます。この「琳賢」という仏師は、仏像の表現方法から中央の仏師と考えられていますが、これまでの記録には登場しない初めて知られた仏師です。さらに、本像は制作年が判明する木彫像としては佐賀県内最古です。

題記にある「浄土三部経」とは、『仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)』『仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)』『仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)』のことで、(ほうねん)11331212年)が『選択(せんちゃく)本願念仏集』の中でこれらを「浄土三部経」と称して重視したことから、浄土宗及び浄土真宗の根本経典の位置を占めるようになったものです。今回見つかった「浄土三部経」は、法然没後間もない時期に写経されたことになります。

像内納入品像内納入品

像内納入品 浄土三部経(撮影:福岡市博物館)

なぜ指定されたの?

 指定された理由はいくつかあります。

  •  鎌倉時代の特徴を持ちながらも当時の流行とは違う先進的な着衣表現がなされていることから、鎌倉時代における三尺阿弥陀像の展開を知る上で重要な位置を占める。
  • 納入品である「浄土三部経」は、法然没後から間もない時期の写経として現存する最初期のものである。
  • 仏像の様式やその納入品から、制作の背景や作者、造像年紀がうかがえる作例として貴重。
  • 今後、納入品を調査することで、経典を書写した人物や関係者の所属等、新知見が得られることが期待される。 

などの理由から、県指定文化財に指定されました。

 

今回の指定により、白石町内の指定文化財は、国指定が1件、県指定が10件、町指定が16件となりました。

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページに関するお問い合わせ先 生涯学習課 生涯学習係 電話(直通):0952-84-7129

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.