白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町で遊ぼう!
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>健康>感染症情報>風しんの抗体検査・予防接種費用を全額助成します

住民の皆さまへ

緊急・防災情報

休日当番医避難所一覧ハザードマップ気象台情報

防災ネットあんあん

町長の部屋

白石町Facebook

白石町で暮らそう

数字で見るシロイシ

白石町プロモーション映像

saga e-bookサイトバナー

空き家バンクロゴ

風しんの抗体検査・予防接種費用を全額助成します


佐賀県で4年ぶりに風しん患者が発生しました。

平成30年夏頃から関東地方で30代~50代男性を中心に風しんが発生しています。今後、佐賀県内においても感染が拡大する可能性があります。妊娠初期の女性が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが『先天性風しん症候群』を起こすことがあります。

佐賀県では、妊娠を希望する女性等を対象に、風しん抗体検査・予防接種の費用助成を行っています。助成を受けるためには、県内の保健福祉事務所の窓口で事前受付が必要です。

詳しくは、県ホームページ「風しんの抗体検査・予防接種費用を全額助成します」をご覧ください。

風しんとは

風しんとは、ウイルスによっておこる病気で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れがみられます。

『先天性風しん症候群』とは

  妊娠初期の女性が風しんにかかった場合に赤ちゃんに起こる、難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害を言います。

妊婦の方や妊婦の周りにいる方へ

妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、特に流行地域においては、抗体を持たない又は低い抗体価の妊婦の方は、可能な限り人込みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。また、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他同居家族等)で風しんの抗体を持たない方は、風しんの予防接種を受けましょう。

予防接種を受けましょう!

風しんは予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)で防ぐことができます。

・定期接種

1歳児、小学校入学前1年間の幼児(年長児)の方は接種ください。

・任意の予防接種

特に次に該当する方で、風しん抗体価が低い場合は予防接種を受けることをご検討ください。

1、妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族

2、特に30代から50代の男性

3、10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)

4、産褥早期の女性


【 参考 】

この表は年代別風しん予防接種制度の変遷です。生年月日によって、過去の風しんワクチンの定期接種の回数が異なっています。


生年月日

男性 女性
1962(昭和37)年4月1日以前 なし なし
1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日 なし

中学生学校で

集団接種1回

1979(昭和54)年4月2日~1987(昭和62)年10月1日 中学生で1回接種 中学生で1回接種
1987(昭和62)年10月2日~1990(平成2)年4月1日 幼児期に1回接種 幼児期に1回接種
1990(平成2)年4月2日以降 2回接種 2回接種



 (PDFファイル; 1146KB)

風しんについての詳しい情報は、こちら↓をご覧ください。(外部リンク)

風しんについて(外部リンク)厚生労働省HP

全国で風しんが流行しています(外部リンク)佐賀県感染症情報センターHP

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページに関するお問い合わせ先 保健福祉課 健康づくり係 電話(直通):0952-84-7116

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.