白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町観光サイト
  • 白石町で暮らそう!

住民の皆さまへ

緊急・防災情報

休日当番医避難所一覧ハザードマップ気象台情報

防災ネットあんあん

町長の部屋バナー

白石町Facebook

白石町で暮らそう

数字で見るシロイシ

白石町プロモーション映像

空き家・空き地バンクバナー

子宮頸がん予防(HPVワクチン)の接種を検討されている皆様

現在、HPVワクチン接種の積極的勧奨が差し控えられていますが、対象年齢で接種を希望される方は、自己負担なく無料で接種できます。 

子宮頸がんの予防接種(HPVワクチン)については、平成25年4月1日から定期予防接種として実施していますが、平成25年6月14日、厚生労働省健康局長から市町村に対し定期接種の対象者又は保護者に対しワクチン接種の積極的な勧奨とならないよう勧告がありました。

しかしながら、あくまでもワクチンの接種を積極的に勧める案内を控えている状況であり、ワクチンの接種自体を控えるものではないことから、接種を希望される方は定期接種として接種を受けることが可能です。接種を受ける場合は、以下のリーフレットをよく読み、医療機関に相談するなど、ワクチンの「意義・効果」と「接種後に起こりえる症状」について確認し、検討してください。

 

【リーフレット】


概要版 小学校6年~高校1年相当の女の子 保護者の方へ大切なお知らせ (PDFファイル; 3228KB)


詳細版 小学校6年~高校1年相当の女の子 保護者の方へ大切なお知らせ (PDFファイル; 4386KB)


HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ (PDFファイル; 2996KB)


医療従事者の方へ ~HPVワクチンの接種に当たって~ (PDFファイル; 1805KB)


厚生労働省ホームページ(外部リンク)

対象者

小学6年生から高校1年生相当の女子(標準的な対象者は中学1年生)

接種上の注意  

HPVワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種)は「サーバリックス」(2価)と「ガーダシル」(4価)の2種類があります。ワクチンの選定については、医療機関にご相談ください。どちらも十分な効果を得るためには3回の接種が必要です。また同一のワクチンを3回接種してください。

保護者同伴で母子健康手帳を持参のうえ、接種医療機関で接種できます。

接種間隔

「サーバリックス」(2価ワクチン)

1回目を接種し、2回目を1回目接種の1か月後、3回目を1回目接種より6か月後に接種します。

やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、2回目の接種は1回目から1~2.5か月の間に、3回目の接種は1回目接種から5~12か月の間に接種してください。   

「ガーダシル」(4価ワクチン)

1回目を接種し、2回目を1回目接種の2か月後、3回目を1回目接種より6か月後に接種します。

ただし、2回目及び3回目の接種がこのとおりにできない場合は、2回目接種は1回目から少なくとも1か月以上、3回目接種は、2回目接種から少なくとも3か月以上の間隔を置いて接種してください。

 


PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページに関するお問い合わせ先 保健福祉課 健康づくり係 電話(直通):0952-84-7116

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.