白石町

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色を変更する標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

サイトマップお問い合わせ

  • ホーム
  • 住民の皆さまへ
  • 町制/まちづくり情報
  • 白石町観光サイト
  • 白石町で暮らそう!
ホーム>住民の皆様へ>健康>不妊治療について

住民の皆さまへ

緊急・防災情報

休日当番医避難所一覧ハザードマップ気象台情報

防災ネットあんあん

町長の部屋バナー

白石町Facebook

白石町で暮らそう

数字で見るシロイシ

白石町プロモーション映像

空き家・空き地バンクバナー

不妊治療について

不妊・不育で悩んでいる方、相談してみませんか?

 佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)電話:0952-33-2298

 不妊・不育治療、検査への疑問や不安、家族のことなど、専門の医師やカウンセラーに無料で相談できます。

 ・面接相談(専門医師・臨床心理士)

   毎月第三水曜 15:00~17:00 ※予約制

 ・電話、面接相談(保健師)

   月~金曜 9:00~17:00


白石町では、不妊治療を希望しているにもかかわらず、経済的負担を感じている夫婦の方に対し、治療費の一部の助成を実施しています

助成対象者

・佐賀県不妊治療支援事業又は佐賀県不妊治療支援(はじめまして赤ちゃん応援)助成の対象者で、不妊治療が終了した日において、夫婦のいずれか一方又は両方が白石町内に1年以上居住している方。又は、1年以上居住見込みの方。

・町税などの滞納がないご夫婦

助成対象の治療

佐賀県不妊治療指定医療機関で実施された、法律上の夫婦、又は事実婚関係にある者がおこなった(住民基本台帳法第30条の45の規定による外国人住民を含む。)健康保険が適用されない次のいずれかの治療に要した費用が対象になります。(ただし、人工授精の医療機関については指定はありません。)

  1. 人工授精
  2. 体外受精(胚移植・凍結胚移植)
  3. 顕微授精(胚移植・凍結胚移植)
  4. 男性不妊治療(体外受精・顕微授精の治療の一環として精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合

助成金額

 医療機関で支払った費用から、佐賀県不妊治療支援事業の助成金額または佐賀県不妊治療支援(はじめまして赤ちゃん応援)助成の助成金額、かつ、他の市町村から受けた助成金額を差し引いた額の12以内の金額です。

助成条件・回数等

区分 補助回数
人工授精 1回毎の治療開始時の妻の年齢が43歳未満 1年限りの3回まで
体外受精・顕微授精 治療開始時の妻の年齢が40歳未満

43歳になるまで通算6回まで

年度制限なし

治療開始時の妻の年齢が40歳以上

43歳になるまで通算3回まで

年度制限なし

男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合)※妻の年齢は43歳未満

 

助成方法

不妊治療費を医療機関に支払った方の申請に基づいて、助成金を支払う還付方式です。

 申請期限

佐賀県への助成申請を先に済ませてください。

■令和3年度の治療終了分の申請期限

【佐賀県への申請】

助成金の申請は、治療が終了した日の属する年度内(3月末日まで)に行ってください。ただし、2月から3月までに終了した検査・治療に限り5月末日まで申請が可能です。ご不明な点は、県内各保健福祉事務所へご相談ください。

【白石町への申請】

白石町不妊治療助成事業補助金は、原則、治療が終了した日の属する年度内に申請してください。ただし、1月から3月までに終了した治療は、佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の決定通知日の翌日から起算して60日以内の申請とします。


令和3年度からの継続治療に対する経過措置について

不妊治療の健康保険適用移行により、現行の助成制度は令和3年度で終了となりますが、治療計画に支障が生じないよう、

年度をまたぐ1回の治療については、経過措置として助成金の対象とする方針が国から示されています。佐賀県及び白石町

も国の方針に準じた助成制度を実施いたします。

【佐賀県への申請】

・対象:1回の治療開始が令和4年3月31日以前であり、終了が令和4年4月1日から令和5年3月31日までの治療

・助成回数:1回限り(現行の助成制度で既に上限回数に達しているものは対象外)

・申請期限:令和4年4月1日から令和5年3月31日

・その他:(1)年齢制限、助成金額等は現行制度に準じる

     (2)保険診療と保険外診療を組み合わせて行う混合診療を認めるものではなく、保険診療が適用されない

      生殖補助医療(体外受精及び顕微授精)を受けた場合(ただし、保険外併用療養制度を適用される場合を

      く)自己負担の一部を助成

【白石町への申請】

・対象:1回の治療開始が令和4年3月31日以前であり、終了が令和4年4月1日から令和5年3月31日までの治療

・助成回数:1回限り(現行の助成制度で既に上限回数に達しているものは対象外)

・申請期限:令和4年4月1日から令和5年4月28日

・その他:助成対象者、助成対象の治療、申請に必要な書類、助成金額等は現行制度と同じ

 申請に必要な書類

  1. 佐賀県不妊治療支援事業に係る受診等証明の写しまたは佐賀県不妊治療支援(はじめまして赤ちゃん応援)助成に係る受診等の証明書の写し
  2. 佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の写しまたは佐賀県不妊治療支援(はじめまして赤ちゃん応援)助成承認決定通知書の写し
  3. 領収書の写し
  4. 住民票謄本(続柄・筆頭者が記載有り、個人番号は記載無し)
  5. 戸籍謄本(必要な方のみ)
  6. 滞納のない証明書
  7. 預金通帳表紙の写し
  8. 申請書申請書様式はこちらからダウンロードできます  (Wordファイル; 25KB)
  9. 請求書請求書様式はこちらからダウンロードできます (PDFファイル; 87KB)

佐賀県不妊治療支援事業についてはこちら

佐賀県不妊治療支援(はじめまして赤ちゃん応援)助成についてはこちら

詳細は 保健福祉課健康づくり係(電話0952-84-7116)にお問い合わせください

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページに関するお問い合わせ先 保健福祉課 健康づくり係 電話(直通):0952-84-7116

ページのトップへ

白石町役場

〒849-1192 佐賀県杵島郡白石町大字福田1247番地1

電話 :0952-84-2111  FAX:0952-84-6611

午前8時30分~午後5時15分まで

土・日・祝日・年末年始を除く

白石町Facebookページ

Copyright Town Shiroishi. All Rights Reserved.