須古寿し

食べとかんば一覧へ

食べる

須古寿し

須古寿しは、祭や祝い事の際に食べられる郷土料理です。今から500年以上前、農民を大切にする須古の領主に、領民が感謝の気持ちを込めて献上したのが始まりと言われています。
「もろぶた」と呼ばれる長方形の木箱にすし飯を敷き詰める「はこ寿司」です。
地元では、須古寿しを作る時、「須古寿しを”つける”」と言い、手で軽く押さえてやさしく作る様子を表しています。
有明海産のむつごろう、奈良漬、ごぼう、しいたけなど、素材の味を大事にした具材をトッピングします。

pagetop

白石町ホームページへ

Copyright© Town Shiroishi. All Rights Reserved.