白石町で遊ぼう!

白石町Faceobbokページ

  • contents menu
  • 行っとかんば!
  • 食べとかんば!
  • 見とかんば!
白石町で遊ぼう!>行っとかんば!>妻山神社と城跡そして古墳時代の遺跡

妻山神社と城跡そして古墳時代の遺跡

行っとかんば!一覧へ

Here We Go!

妻山神社と城跡そして古墳時代の遺跡

妻山神社登り口には、大きな自然石に「妻山城跡(址)」と刻まれた碑が建っています。妻山神社一帯は、神社であると共に城址でもあります。かつまた、古墳をはじめとする古墳時代の遺跡の残る地域でもあります。肥前鳥居(二の鳥居)は、肥前国(佐賀県・長崎県)及び筑前国(福岡県)の一部にだけ存在するといわれ、室町時代から江戸時代中期頃まで造られています。妻山神社の東,拝殿前の石段を下ったところに楼門があり、楼門前には2基の石灯籠があり、向かって右が元禄6年(1693)、向かって左が元禄9年(1696)の銘があります。毎年10月19日のおくんちでは、鮮やかな衣装をまとい、道行きが行われた後、流鏑馬も奉納されます。

pagetop

白石町ホームページへ

Copyright© Town Shiroishi. All Rights Reserved.